医療機関にかかって支払う料金は明細がわかりにくいものです。もっとわかりやすくしていく努力がも必要では。

病気の治療費と保険料負担について考える
病気の治療費と保険料負担について考える

医療機関で支払う料金の明細はわかりにくいのでは

健康保険に入っていれば、病気や怪我で医療機関にかかっても料金がそれほど高いとは感じないものです。

通常の人が窓口で支払うのは3割負担であり、お年寄りや後期高齢者は2割から1割ですから当然かもしれません。
しかし、時々送られてくるはがきの明細を見ると実際の医療費が記載されており、意外に高いことに驚かされます。
また、保険が利かない治療などにいたっては相当高額なものになってしまうことは想像できるでしょう。がん保険などで先進医療などの特約がついているのは、このような高額医療に対処できるようにするためにほかなりません。医療機器や薬には研究開発費や、人件費が膨大にかかることは想像できますが、それにしても素人目にはかかりすぎでは、との思いは大方の人の意見ではないでしょうか。

支払った時には領収書が発行されます。
見てわかるように明細が書かれているのが普通の領収書ですが、医療機関のそれは点数制で書かれておりその基準となるものが非常にわかりにくいものになっています。
さらに受診する医療機関によって、その点数は独自に設定できるような話も聞きます。
同じ病気で医者に行っても、その期間によって支払う金額に違いがあるということです。

これは救急医療を行う病院などへ、患者さんが集中しすぎないようにするためのもののようですが、緊急かそうでないかを素人で判断するのは難しいことであり、そのうえ危険なことでもあるでしょう。専門的なものでありわかりにくいこれまでのやり方を、少しづつでも一般にわかりやすくしていく努力が必要な分野ではないでしょうか。
【参考】


Copyright(c) 2017 病気の治療費と保険料負担について考える All Rights Reserved.