日本の医療の経済的な現状と、将来の予想からその料金の負担の増大が予想されることと準備のことを書きました。

病気の治療費と保険料負担について考える
病気の治療費と保険料負担について考える

日本の医療の将来と料金

医療は日本ではとても恵まれていると思います。
国民保険の制度があり、高額医療でも一部を支払えば残りは負担してもらえる場合も多くあるので、その料金は制度での決まった範囲内ですみます。
最近は全額支払わなければならない治療方法も特にガンなどではありますが、それも民間の保険に入っていれば、そこから支払われる場合もありますので、たぶん世界有数の医療制度ではないかとも思います。
国民すべてが保険で保証される制度は、とても助かるものですが、だんだんその雲行きも怪しくなってきているのではないかとも思います。
まず日本の国家予算の半分ぐらいが福祉予算でしめられています。
それは増えこそしますが減ることはないでしょう。減らそうものなら国民の不満が政権を交代させるだろうと思います。

そうなると時の政権も、最悪のどうしようもない状態になるまで手を付けないでしょう。そして、その問題が深刻なのは、国の財政が破綻状態になるほど、財政が悪いという事実です。

国債での借金が1000兆円という天文学的な数字であり、これから減る可能性はほとんどなく、数年でそれが1500兆円になると予想されています。
そして頼みの綱の貿易でも収支が赤字になって来ました。
普通の国家ならばもう破綻しています。
そうなると将来当然今の状態を修正しなくてはなりません。高齢化で福祉予算を増やさなければ追いつかないのに、逆に削減することになると医療の料金負担はたぶん増大していくと思います。
そのための準備が必要だと思います。
【参考】


Copyright(c) 2017 病気の治療費と保険料負担について考える All Rights Reserved.