これからの私たちの医療の料金をどのように自分たちで負担できるようになるだろうかということを書いてみました。

病気の治療費と保険料負担について考える
病気の治療費と保険料負担について考える

民間の保険と医療の料金

将来、今の現状の財政では、老人が多くなり税収が少なくなり、医療の料金が増大していくのですから、簡単な足し算引き算で、医療の足りない分は、個人の負担になりますが、そうなった時に、どうすればそれを負担できて個人が困らないようにできるかということを考えた時に、今出来る準備としては、将来的にその個人の収入を増やして資産を増やすことができるようにすることと、民間の保険の賢い利用方法を見つけながら、それを将来の資産と保証にしていくということだろうと思いますが、その場合は若ければ若いほど有利になると思います。
時間とチャンスがあるからです。

またそれと同時に個人の負担を出来るだけ和らげるために、政府に働きかけながら、財政の破綻などを軟着陸できるような人材や政策を選択できるようにしていくことだと思います。

国への働きかけや政策転換などは、日本という国家の運勢があるのかどうか、老経済大国として衰亡していくか、新興国のように生まれ変われるかということでしょうが、これはある意味で運しかなく個人ではどうしようもないことだと思います。
国民が選挙などで選択していくことですが、今破綻寸前の国家を見ても個人ではどうしようもないのはよくわかります。
そうなると私という個人ができることは、先ほど書いたようなことですが、ここで注意することは、無謀な希望的なだけの資産の作り方や保険の利用の仕方などで、その場合資産を失い元も子もなくす可能性があるということで地道な方法が大切だということです。

【参考】


Copyright(c) 2017 病気の治療費と保険料負担について考える All Rights Reserved.